介護の仕事・仕事の種類と内容、必要な資格について

介護の仕事は、一口には言い表せないほどさまざまな人が関わり、その仕事の種類や内容、また必要な資格が異なります。施設によっても仕事内容に違いがあることもあり、専門的な知識や技術が必要とされる仕事もあります。この記事では、介護の仕事について、その種類や内容、資格などを中心に解説していきます。

介護の仕事とは

介護 求人 千葉,介護 転職 千葉

介護の仕事とは、シンプルに介護に関わる仕事。もちろん一言で表現できるほど仕事の種類や内容はシンプルではありませんが、高齢の方や障害をお持ちの方が、なるべく自立した社会生活を送れるように手助けする、という点は、介護の世界で働く人たちに共通した目的です。人とふれ合い、人の役に立ち、社会の役に立つ仕事・介護。ここからは少し詳しく、介護の仕事場や仕事の種類についてご紹介します。

介護の仕事の種類

ここからは、介護施設における介護の仕事について、少し詳しく見ていきましょう。

介護の仕事の場所

介護の仕事をしている人は、主に介護サービスが提供されている場所で働いています。たとえば老人ホーム(特別養護老人ホーム・介護老人保健施設・有料老人ホームなど)、また、病院やデイサービスで働いている人もいます。介護施設においては、直接はサービスの利用者と関わることのないスタッフもたくさん働いています。

・特別養護老人ホーム
特別養護老人ホームは、特養と呼ばれることの多い、地方自治体や福祉法人などが運営する公的介護施設です。介護の必要性の高い高齢者が主な入居者で、日常生活における介護(食事、排泄、入浴など)や、健康管理のサービスが提供されています。特養は病院ではないため医師はいませんが、看護師は常駐しています。介護職員のほかには、リハビリを専門とする理学療法士や作業療法士などのリハビリ専門スタッフが働いています。
特別養護老人ホームには、基本的に「要介護3」以上の高齢の方が入居します。要介護3以上になると、寝たきりで過ごす方も多くなりますので、必然的に食事、排泄、入浴介助が仕事の中心になります。これらの仕事については、介護資格を保持していないとできないのですが、体には触れない仕事については資格無しで行うことも可能です。レクリエーション、外出の付き添いをする場合もあります。
・介護老人保健施設
介護老人保健施設は、主に在宅への復帰を念頭にリハビリや自立のための支援が行われています。介護老人保健施設では、医師の管理の下で、リハビリの専門家である理学療法士や作業療法士と、看護師、介護職員などが連携して仕事をしています。
・有料老人ホーム
有料老人ホームでは、高齢の入居者のために食事、入浴、排泄のほか、掃除や洗濯、健康管理など日常生活に関する介護サービスを提供しています。有料老人ホームでは、介護職員や看護師、リハビリの指導員のほか、介護サービスのプランニングを担当するケアマネジャーが働いています。介護付きの有料老人ホームの運営母体は民間企業であることがほとんどで、中にはひじょうに高額なホームもあります。基本的に入居の条件などはなく、要介護度も低めの方が多く入居しています。他の施設同様、身体介護が必要とされる場合もありますが、アクティブな入居者も多いので、外出やレクリエーションをサポートする機会が多くありそうです。
・サービス付き高齢者向け住宅
サービス付き高齢者向け住宅は、介護施設ではなく「高齢者のための住宅」です。そのため、介護保険サービスが提供されているわけではありません。かんたんに言えば、入居する高齢者のためのコンシェルジュ的な存在であり、介護サービスが必要な入居者に関しては、利用者が個別に訪問看護サービスなどを契約する、もしくは住宅と同系列の業者が行うサービスを利用する、ことになります。そのため、サービス付き高齢者向け住宅で働くスタッフの場合は、入居者の生活についての悩み相談など、アドバイザー的役割になります。
・ショートステイ(短期入所)
ショートステイは、機能回復などの訓練や介護が提供されている場所で、短期間だけ入所できる施設です。家族の介護負担を和らげる目的としても使われています。ショートステイは短期間の滞在ではありますが、だからこそ難しい部分もあります。不慣れな場所でストレスを感じる入居者も多く、介護職員には、介護の知識や技術と共に、こうした入居者への対応能力も求められます。

介護の仕事(介助)の実際

ここからは、代表的な介護の仕事「介助」の実際の内容をご紹介します。

・入浴介助
入浴介助は、高齢者や障害を抱えている方で、自力では入浴できない方のために、着替えから入浴、洗髪などをサポートします。介護の仕事の中でも体力を使う仕事で、安全面でも神経を使う仕事ですが、入浴する人のほっこりした笑顔にやりがいを見いだすスタッフも多くいらっしゃいます。入浴介助は、入所型施設の場合は1日2回、午前と午後に行うことが多く、通所型施設の場合は1日1回、通常は午前中に行います。
・食事介助
食事介助は、自力で食事をとることのできない方のための介助です。食事を口からとることは、栄養をとることはもちろん、噛む、飲み込む、といった力をキープすることにもつながります。また、食事を口からしっかりとることで五感が刺激されて、食欲増進、そして幸福感の上昇につながります。
・排泄介助
高齢者にとって、排泄を手伝ってもらうことは大きなストレスになることがあります。排泄の頻度は人によりさまざまなので、高齢者の様子に、常に気を配らなければなりません。排泄介助を行う場合は、やはり「信頼関係」が大切になるため、どのようにこれを形成していくかがスタッフの課題です。介助を受ける方に寄り添い、高齢者の身体的・精神的な不快感を極力抑える努力をすることが肝心です。
・口腔ケア
口腔ケアは、高齢者の歯磨きを補助する介助です。できるだけ自力で歯磨きしてもらうことを心がけ、自力でできないという人に関しても、できるだけ介助人が動かす歯ブラシに手を添えて歯磨きを行います。
・就寝介助
就寝介助は、消灯前の着替え、そして就寝までのサポートです。高齢者の中には、「靴下を履かないと眠れない」など、就寝の際の「こだわり」を持つ方も多く、スタッフには、それぞれのサービス利用者の特徴を把握することが求められます。
・レクリエーション
レクリエーションには、ゲームや工作、歌を歌うなど、機能回復に役立つアクティビティがあり、それぞれの高齢者に合わせて行います。レクリエーションは、高齢者に「楽しみ」を感じてもらうと同時に、今後の生活における「生きがい」を感じてもらうための、一つのきっかけになります。
・トランス
トランスは、「ベッドから車椅子」などに乗り移ること。介助スタッフは、高齢者が「乗り移る」際の介助を行います。サービス利用者の中には自力で乗り移れる方もいますが、それでもサポートは必要。トランスは、寝たきりの状態になることを防ぐためにも重要な動作の一つです。

介護の仕事の資格について

介護の資格は、難易度もさまざまで、3ヶ月ほどで取得が可能なものもあれば、難しい国家資格もあります。その中から、介護の現場で大いに役立つ3つの資格をご紹介します。

・介護職員初任者研修
以前のホームヘルパー2級に当たる資格で、介護の世界ではもっともベーシックなものです。130時間学んだ後、試験に合格すれば資格取得となります。
・実務者研修
以前のホームヘルパー1級に当たる資格で、介護サービス提供の基本的能力とともに、医療に関する知識や技術も身につけることを目的としています。
・介護福祉士
介護福祉士は国家資格で、介護の資格の中ではもっとも難易度の高い資格に位置づけられています。取得する方法は複数ありますが、実務経験を積んでから研修を受ける、または学校や養成施設に通う方法が一般的です。